断食ダイエットで平日断食!毎日少しずつ痩せてダイエットを成功させる!

img001862

断食ダイエットは通常3日程かけて一気に痩せる方法です。しかし、慣れてないと初心者には中々キツイもの。

平日で半日断食を行ない、無理なく徐々に痩せる方法をご説明します。

 

平日の食事は、朝か夜を抜いて断食する

通常の断食ダイエットは、平均3日程の断食期間を持ち、断食を行なう事で身体のデトックスと太りにくい身体を作るのが基本です。

しかし、平日はこの3日間の断食は厳しいですよね。

この為、朝昼夜のどこか1食を抜いて行なう半日断食という方法がありますが、当サイトでは以下で詳しく説明しています。

半日断食でお試しダイエット!初心者でも成功出来る方法とは?

平日断食を行なうには、半日断食を週のうち何日間か行なう事では無く、平日の間はずっと断食ダイエットを行なう方法になります。

 

平日断食のやり方

基本的には半日断食を継続して行きつつ、土日は普通に食べるといった方法になりますが、平日我慢している反動がありますよね。

そして、どうしても土日に甘いものや3食食べるのをいつもより多く食べてしまいがちという罠があります。

とは言っても、我慢している平日のストレスが、土日に解消されるので継続しやすいといったメリットもあります。

また、平日は仕事が残業などが多い場合にはあまりお勧めできません。

これは残業などにより普段よりエネルギーを使う頻度が多い状態で、断食によりエネルギーをカットしてしまうと仕事に回す事が出来るエネルギーが減ってしまい、かえって仕事の能率を下げてしまう事に繋がってしまうからです。

出来るだけ早めに帰れるような状態で断食ダイエットして行きましょう。

次に、断食による体調不良が現れる好転反応について説明します。

 

好転反応への対処方法

通常の断食ダイエットよりは大分、好転反応は少なめになるのですが、それでも好転反応から逃れる事は出来ません。

集中力が切れやすく、ボーっとなってしまったり、身体が良く分からないけれどダルかったり、風邪の症状のような状態が起きてきたりします。

あまりに酷い場合は一旦ストップするのが必要ですが、ある程度はデトックス効果が出ているのだ、と諦めて、早めに就寝するクセ付けを行ったり、お昼休みに仮眠を取ったり出来るように工夫していくのが必要です。

 

効果が出るまでの期間

平日の間、ずっと行なう分、半日断食を行った時より効果が高いと思われるかもしれませんが、基本的には1-3kgのダイエットから大きく変わる事は少ない状態になります。

短い期間だけ行なう場合と較べて何が違ってくるのかというと、1ヶ月後や2ヶ月後でも痩せた状態をキープしやすくなる、という状態になります。

半日断食は基本的にリバウンドしてしまうリスクが高いのですが、このリスクが下がり、継続して目標体重を維持しやすくなるのが平日断食の最大のメリットです。

このように無理なく、すこしずつ身体に少ないエネルギーで活動していく状態を慣らして行きましょう。

毎日のヘルスメーターをチェックしながら、日々、減った体重を見るのが楽しみになるかもしれません。

 

平日に行なう、半日断食に最適な酵素ドリンクは?

平日に半日断食を行なう場合、重要なのは仕事や家事に影響が無いように栄養素を十分に摂取する事です。

ベルタ酵素はその点、通常60種類くらいの野菜・果物の種類が平均な酵素ドリンクの中で、飛び抜けた酵素数165種類を達成しています。

豊富な酵素数により、断食で物理的に削減している栄養素を補う事が可能になっています。

また、豊富な酵素数の割に、値段も5,080円と他の酵素ドリンクと余り変わらない据え置き価格なのがポイント。

しかも今なら定期購入で酵素数620種類の酵素サプリがついて来ます。

断食ダイエット専用の酵素ドリンクBELTAを検討してみるのは如何でしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です